メニュー

ぜん息は、どんな病気?

気道に慢性炎症があるために、息が苦しくなる発作が、繰り返しおこる病気です。


人間には、体の中に入ってきた細菌やウイルスなどの病原体から、体を守る「免疫」という働きがあります。ところが、気道に慢性炎症があるためにこの免疫が、ダニやカビ、大気汚染やタバコの煙などに対して過剰に反応してしまうことがあります。これが「アレルギー反応」と呼ばれる現象で、ぜん息の発作をおこす原因です。アレルギーの原因となるもの(アレルゲン)には、ダニやカビ、ハウスダスト、ペットのフケ、花粉などもあります。アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、花粉症などアレルギーが原因で起こる病気には、さまざまな症状があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME