メニュー

発熱

発熱とは、一般にわきの下で測って37.5℃以上、あるいは平熱より体温が1℃以上高い場合をいいます。 
こどもの発熱の多くは、かぜなどウイルスの感染によっておこりますウイルスは体温が高くなる の増殖の勢いが弱まりますし、またそのウイルスを退治する防御能力体温高くなるとその活動 活発になります。
こどもが元気そうで食欲もあれば解熱剤は使う必要はありません。夜、高熱で寝れない場合などは解熱剤を使用してもよいでしょう。 

すぐに対処が必要な発熱

  1. 生後3か月未満の発熱 (重い感染症の可能性があります
  2. 4日以上続く発熱 (細菌の重症感染症、川崎病なの病気の可能性がでてきます
  3. ったりしている、水分とれない、顔色悪い、嘔吐を繰り返す苦しそうな呼吸をしている、強い腹痛意識がもうろうとしている、けいれんどの症状を伴う
  4. 熱中症による高体温 

Q解熱剤は坐薬の方が効くか? 

内服薬よりも坐薬の方が早く良く効くと、一般に信じられていますが、アセトアミノフェン(カロナール、アンヒバ血中濃度を比較してみると内服薬15~30分でピークに達ますが坐薬90分位かかります。また最高血中濃度坐薬よりも内服薬の方が高いというデータが出ています。よって坐薬よりも内服薬の方が早く、良く効くということになります。 

Q熱性けいれんのあるこども解熱剤を使用してよいか 

解熱剤の効果が切れて体温が再上昇した際に、けいれんが誘発されるので解熱剤の使用はすべきでないという話もありますが、これを裏づけるようなデータはありません。熱性けいれんと解熱剤の使用は分けて考え通常の発熱の際と同様に苦痛であれば解熱剤を使用してかまいません。ただし、熱性けいれん予防のためのジアゼパム坐薬(アンヒバ坐薬)解熱剤のアセトアミノフェン坐薬(アンヒバ、アルピニー)を同時に挿入すると、ジアゼパム坐薬の吸収が阻害されます。先にジアゼパム坐薬を挿入し、その30分後にアセトアミノフェン坐薬を挿入しましょう。 

Q発熱時のホームケアは? 

寒そうにふるえて、手足の先が冷たく青い時は、これから熱が上がろうとしているところです。毛布などで温めてあげましょう。熱が上がりきると赤い顔をして暑そうにしはじめるので薄着にしたり冷やしてあげたりするいいでしょう。 

発熱時には胃腸の活動も低下しますので無理に食べさせることはありません。消化のよいものを与えたり、脱水症状にならないよう水分をこまめにあげましょう。 

 

〈参考文献〉東京医学社  小児内科  vol 47  no 5  2015 
南山堂     小児の薬の選び方  使い方  

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME